たくさんの消防士の方と話して思ったこと

こんにちは、ケントです。

 

今日は、最近消防士の方とたくさん話してるのですが

その中で思ったことを書いていきます。

 

結論からいうと、多くの消防士の方が

僕が消防士時代に思っていたことと

全く同じことを思われていました。

 

また、公務員や一般企業の方が副業をする時に

重要なこともアドバイスさせていただいたので

そこもまとめていきます。

消防士の悩み

スカイプもそうですが、

最近消防士の方と接する回数が多くなっています。

 

それも僕が元消防士として情報を発信しているからなのですが、

消防士の方の悩みは共通しています。

  • 給料が少ない
  • 時間が多い
  • 時間を無駄にしているように思う
  • 周りとの違和感を感じる
  • 何かしたい
  • 何をして良いかわからない
  • もどかし

上記のことは僕が消防士時代にも思っていましたし、

最近の出会う消防士の方も思われています。

 

やはり客観的に見ている時と

自分が実際中に入って思うこととは

少しズレがあります。

 

1つずつ見ていきます。

 

給料が少ない

これは東京消防庁以外の方は

感じている人が多いと思います。

 

なぜ東京消防庁の人が思っていないかというと

消防士の中で東京消防庁は1番給料が良いからです。

あと住宅補助も全然違います。

 

給料と住宅補助の違いは本当に舐めれないです。

 

まず給料ですが、東京消防庁は他の消防よりも階級が多いです。

つまり出世する上限が大きいということです。

また初任給から給料の上がり率も違います。

 

僕の先輩に東京消防庁で勤務する先輩がいるのですが、

給料に満足されています。

 

また、住宅補助ですがちょっとレベルが違います。

 

仏の消防だと最大で家賃の補助が出ても3万円未満とかです。

 

しかし、東京消防庁は東京の一等地とかにたくさんの寮を所有しています。

その一等地の寮に住むのも2万円とか3万円で住むことができます。

 

この破壊力は半端じゃないです。

 

しかし、その他の消防の場合、

ここまでの待遇は受けることができません。

 

そして給料も少ないです。

 

僕の場合、大卒で就職し5年目で

ようやく手取り20万円を越えることができました。

 

裏を返すと、28歳まで

手取り20万円を越えることができませんでした。

 

この世間とのギャップに悩むことが多いです。

 

世間では消防士は給料が多いと思っている方がたくさんいます。

その世間が思っている下をいっているので苦しいです。

時間が多い

消防士は月に約20日休みがあります。

その時間を持て余してしまいます。

 

上記でも書いた通り給料が少ないにも関わらず

休みが多く、体育会系なので誘いも多いです。

 

給料なんて一瞬でなくなり

給料日前になると何もできなくなります。

 

また時間が多いでので先輩からの誘いが多いです。

そしてお金がなくなるというスパイラルに陥ってしまいます。

時間を無駄にしているように感じる

消防士はここを一番思っている人が多いかもしれません。

 

「時間はあるけれど何か無駄にしている。」

 

これはほとんどの消防士が感じているかもしれません。

 

24時間勤務をしてから明けた次の日は

眠たいのと行動したい気持ちで分かれます。

 

寝てしまうと夕方ぐらいまで寝てしまって

そのあと飲みに行って1日終了というパターンが多いです。

 

2日目はダラダラして終わってしまうとか結構多いです。

YouTube、スマホアプリ、テレビは天敵です。

 

1日の大半をここに費やしてしまうケースが多いです。

 

というか、僕が上記の3つに大半の時間を使っていました。

 

もうコタツでゴロゴロしながらスマホいじって1日を過ごす

不毛な時間を使いまくっていました。

 

これは消防士の人が結構共感してくれます。

というか、共感してくれなかった人はいませんでした。笑

周りとの違和感を感じる

消防士って結構特殊な空間で、閉鎖的です。

 

というのも、消防独自のルールではないですが、

消防の伝統というか風潮があります。

 

その消防と一般企業に勤めている人との

ギャップを感じるところはあります。

副業で注意すること

副業で注意することはリスクだけです。

 

とりあえずリスクの少ないことをして下さい。

 

僕は転売で1000万円の借金を背負いました。

 

最初に仕入れ資金が必要な商売は

それだけ危険ということを思い知りました。

 

ですので、なるべくリスクのない仕事をお勧めします。

 

借金とかマイナスって本当にしんどいです。

 

収入がプラスになると思っていたことで

マイナスになるということは本当に辛いです。

 

なんために副業を頑張ったのかわからなくなります。

 

ですのでリスクの少ないことで挑戦してください。

 

これは失敗した僕だから本当に声を大にして言いたいです。

取り組むことの将来性

僕は全然考えていなかったのですが、

やることの将来性を考えて取り組んだ方が良いです。

 

これは本当に思います。

 

ただ単に何かやるのではなく、

その将来性やビジョンを考えるということです。

 

具体的にいうと、

ただ単にアフィリエイトするのではなく

アフィリエイトしながら

アフィリエイトの実践記を書くとか、

これはネット上に資産を二つ作ることになります。

 

メールレディという女性が

副業で1ヶ月50万円ぐらい

稼げる案件があるのですが、

それも実践記を書くことで資産になります。

 

日々の作業がブログにすることで資産になります。

 

僕はたとえ作業をしても

資産となるコンテンツを同時に作るので

自動で回ってくようになっています。

 

自動化できれば他の事業に取り組むこともできます。

 

そして、その方法を個人や企業に教えることで収益が発生します。

 

いわば企業に経営コンサルはできるようになります。

 

これはとても将来性があります。

 

このように今やっていることが

将来性があるかということを

見極めていく必要があります。

 

僕は転売をしていても将来性は望めませんでした。

 

もちろん途中からコンテンツを作成して販売もしましたが、

その先がなかったです。

 

ですがネットビジネスに移行して

法人のコンサルなどにも参入できてとても楽しいです。

 

と今日は消防士の内容から、

何かやるなら将来性のあることをやるべきという内容でした。

参考リンク

僕は消防士をしながら、

副業で月収200万円の

自動収入を作ることが出来ました。

 

自動収入って超絶怪しいですが、

コツコツ積み上げただけです。

 

僕は頭も良くないですし、

センスがあったわけでもなく、

人脈があったわけでもありません。

 

ネット上に仕組みを作ったので可能になりました。

 

センスがなくても副業でも関係なく勉強さえすれば、収入は増やすことが出来ると実感しました。

ケントが副業を始めたきっかけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックすると消防士が副業で月収200万円稼いだ歩みが見れます

以上が、最近たくさんの消防士の方と話して思ったことでした。