失業の原因はリストラだけではない!会社の廃業もある。多くのサラリーマンが無職になる可能性とは?

こんにちはケントです。

 

今日は、失業する原因とその対策を話していきます。

 

僕自身大学生の頃とかは失業の原因はリストラぐらいと思っていました。

しかし実際はもっと大きな原因もありました。

今後多くのサラリーマンが職を失う可能性があります。

今日はその失業の原因を切り込んでいきます。

 

あと、一番重要なのが対策です。

対策に関しても明確なものがあるので書いていきます。

失業の原因はリストラだけではない!会社の廃業もある?

今はAIなどのテクノロジーの発達に伴って

リストラの危険性が高まっています。

 

少し前には、ニュースにも取り上げられましたが、

大手銀行が大規模なリストラを公表しています。

 

これから益々職が失われる可能性が高くなっています。

 

ですが、失業の原因はリストラだけではなく

廃業のパターンもあります。

 

簡単にいうと会社自体の倒産です。

会社がなくなるって本当?

起業した会社の存続調査によると、

会社は5年生存率が15%、

10年以上続く会社は6%という結果があります。

94%の会社が10年以内になくなってしまいます。

 

この結果は、リストラに合わなくても会社自体がなくなって失業してしまうと言うことを示しています。

 

僕自身、自分で起業したのでこの数字を知ることになりましたが、大学生の頃や消防士をしていた頃は全く知りませんでした。

 

と言うよりも自分には関係ないと思って、

たとえ見ていたとしても頭にも残っていなかったと思います。

 

実際に起業して、こんなにも会社は続かないと驚いています。

 

だから会社は5年10年単位で事業計画を立てていきます。

しかし、就職するときにここまで考えれていない人は少ないです。

 

僕の大学時代の友人は、

「まさか俺の会社がなくなることはないよ!」

と呑気なことを言っていました。

 

実際大企業なら国が公的資金を投入して

存続させるなどはありますが、

中小企業やベンチャー企業は容赦無く潰れていきます。

 

その大学の友人は建設関係の会社に就職したのですが、

会社が仕事が取れなくなったことと、

仕事を受注しても採算が合わなくなり、

その会社は入社2年目で倒産しました。

 

友人の場合、入社2年目でまだ若いと言うこともあり、

必死に就職活動を行い再就職をしました。

 

そんな彼でしたが、会社が倒産した当初はプチパニックになっていました。

雇用保険で数ヶ月はお金は入ってきますが、

その先が不安で嘆いていました。

 

さらに、必死に就職活動の末内定をもらった会社だったので

また就職活動を行わなければいけないと言うことにも

とても嫌がっていました。

 

僕自身は公務員だったのでそんなことを全く気にしていませんでしたが、

身近な友人が失業したのでとても他人事には思えなくなりました。

 

さらに起業してから色々な

中小企業やベンチャー企業の社長とも

食事などに行くのですが、

この会社やばそうだなってところは少なくないです。

 

実際に上記の数字が会社の生存率を物語っています。

 

ですので、明日自分の会社がなくなっても

確率的にはおかしくないと言うことです。

 

「備えあれば憂いなし」と言う言葉があるように

準備しておいて損は全くありません。

 

実際に、妻子持ちのサラリーマンの方が

何らかの原因で失業されてしてしまうと

残された家族は路頭に迷ってしまいます。

 

会社依存は後々大変なことになる可能性が大きいです。

ですので早めに会社がなくなった時に

どうするかを考えておく必要があります。

働いている会社は大丈夫なのか?判断するポイントとは?

自分自身で自分の会社が大丈夫なのか判断する必要がありあます。

そもそも就職している会社の業務内容や

メインの収益源は知っていますでしょうか?

 

例えばAmazonはとても有名で知っていると思いますが、

Amazonが物販の会社と思っている人は

多いのではないでしょうか?

 

しかし、Amazonはサーバーの会社です。

 

このように実際に自分の会社のビジネスモデルが

どんなものかを認識しておく必要があります。

 

僕の会社も輸入をしているので、輸入で雇用している人は

僕の会社が物販事業で成り立っていると思っています。

 

しかし、僕のメインの収入源はウェブマーケティングです。

サイトを作ったりして集客して

アフィリエイトや自社商品の販売をしています。

 

しかし、従業員の中でも

メインの収益源を理解していない人は多いです。

事業内容判断と業績の判断

これは財務諸表をみればわかります。

 

上場企業の場合すぐにみれますが、

非上場企業の場合みれないこともあります。

 

その時は事業内容や将来性で判断していきます。

 

大企業でなければ自分の会社が

どんな事業をしているかは把握できます。

 

例えば物販の会社で、

従業員数は多いにも関わらず、

物量が少ない、物量は多いが流動性がない。

となればやばそうだなって判断できます。

 

あと利益率も大事です。

この仕事でこの会社はいくら利益出ているのか?

と考えることも重要です。

 

僕は基本的に従業員を入れません。

その理由は人件費がかかるからです。

 

その代わり自動で回る仕組みを作って、

利益率の良いビジネスをします。

 

だから潰れずに高い利益を残すことができています。

 

この視点はとても重要です。

 

僕も転売をしていたのでわかるのですが、

転売の場合、売上高利益率15%だとすると、

 

たとえ月商が300万円でも利益は45万円です。

 

従業員1人に給料を20万円払うと

自分の手残りは25万円になります。

 

さらにそこから経費がかかると結構しんどいです。

 

僕は最初にこのような転売を始めたので

手元に資金が残らずにしんどい時期がありました。

 

ですのでビジネスの利益率もかなり重要なポイントです。

将来性判断

会社が存続できるかは、

この将来性で決まると言っても過言ではありません。

 

成長産業化?今後も市場はあるのか?

こことても重要です。

 

僕はネット広告産業にいます。

この市場はスマホが普及したことでさらに大きくなり、

これからもまだまだ成長していきます。

 

ですので、ここで資産を構築することで

一生お金には困らなくなるので参入し注力しています。

 

またサプリメント市場に参入したのも、

今は高齢化社会でこれからさらに高齢化になっていきます。

 

現在の需要も大きいですが、

今後さらに健康志向が強くなって、市場も拡大します。

 

さらに上記で書いた利益率も物販の中では半端じゃなく良いです。

だからサプリメントのアフィリエイトは高単価です。

 

こんな感じで最長産業を攻めれているか?

ここを判断する必要があります。

 

その判断の仕方は、基本的にASPを見ていれば理解できるようになります。

ASPで高単価な商材は儲かっている市場です。

 

自分の市場がどのぐらいの金額で取引されているかを

確かめると将来性がわかります。

失業は身近にある

失業は身近あるということを認識した方が良いです。

 

それは色々な社長を見ているのでわかるのですが、

トップ営業マンで起業した人は自分自身やり手ですが、

マーケティングや経営に関しては、

全然できていない人が多いです。

 

自分だけできてもこりゃ会社潰れるわ。ということも結構あります。

僕の周りでは保険の営業から起業した人に多いです。

 

ですので会社の将来性や事業内容はしっかりと確認しておく必要があります。

失業対策

失業対策なのですが、基本的に下記の2パターンです。

  • リストラ対策
  • 廃業対策

ひとつずつ見ていきます。

リストラ対策

リストラ対策は結果で示せる業務は結果を出す。結果で示せない業務は次を考える。

 

まず営業のような結果で示せる仕事は、営業スキルをアップすれば解決です。

セールスが下手ならセールスを学べば良いです。

 

僕自身ビジネスを始めた当初は超セールスが下手くそでした。

しかし、セールスの勉強をしてからは

成約率は異次元なぐらい上がりました。

 

対面営業はほとんど成約します。

 

僕がこうなれたのもセールスの方を学んで実践したからです。

セールスは型を学べば、

ある程度のレベルには行けるので心配いりません。

 

しかし、結果で示せない業務は難しいです。

経理3人削減!とか言われても

正直どうしようもないです。

 

その時は再就職先を考えるか、

自分にスキルをつけるかのどちらかになります。

 

意外に知られていない方法で、

退職してから28ヶ月給付を受ける方法もあるので

興味があればご連絡下さい。

廃業対策

基本的に廃業の対策はありません。

次の就職若しくは独立を考えるしかありません。

 

その対策として副業がオススメです。

 

僕自身副業をしていたことで次の方向性が明確になりました。

 

副業もメリットを挙げると

  • 副収入を得ることができる
  • 選択肢が広がる
  • 再就職先に困らなくなる

このようなことが挙げられます。

 

ひとつずつ見ていくと、

 

副収入を得ることができる

これはそのままです。

 

別の収入源を確保するので収入は増え、

その稼ぐ力という新しいスキルが手に入ります。

 

このスキルって超便利で、

別に会社に行かなくても良くなります。

 

自分でパッパと利益を上げれるようになるので

嫌な上司の下で働かなくても良くなります。

 

自由度が超上がります。

昼まで寝ていても全く問題ないですし、

朝から飲んでいても全然良いです。

 

好きな時に仕事して、あとは自由みたいな感じです。

これは今の僕のライフスタイルです。

 

選択肢が広がる

これは当然のとで稼ぐ金額が増えれば使うことができるお金が増えます。

このお金でさらにスキルや知識をつけても良いですし、

旅行などの体験をしても良いです。

 

僕の場合は新しい知識を勉強して収入を増やし、

スカイダイビングやパラセイリング、パラグライダーなどの

体験をしてそれをコンテンツ化してさらに収入を増やしました。

 

知識と経験で収入は増やすことができます。

それによってさらに選択肢が広がります。

 

選択肢に関しては僕が消防士の時は、

起業なんていう選択肢はなかったです。

 

しかし、副業を始め色々な知識や経験をしたことによって

起業という選択肢が増えました。

 

それは自分に稼ぐというスキルが身についたので、

自分でやれば良くねえ?と思えるようになったからです。

 

僕は、ずっと体育会系に所属し、

就職浪人を経て消防士になりました。

 

消防士は公務員なので営業なんかもしたことなく

全く知識もスキルもないところからのスタートでした。

 

初の副業は転売で知識がないにも関わらず

リスクの大きいビジネスをしたので借金を1000万円背負いました。

 

こんな状態の僕でも勉強すれば自動収入200万円とかできるので

本当にセンスや才能って必要ないと実感しました。

 

ビジネスの場合、勉強すればきちんと結果が出ます。

 

だから営業の人とか羨ましいと思います。

僕よりもはるかに現場実践が多く、

それによってスキルや知識があるからです。

 

そんな人がビジネスしたら無敵になれます。

 

僕は大学生の頃、将来営業とか

全くできないと思って消防士を選択しました。

 

そう思うぐらい僕はそもそもビジネスに向いていない人間です。

しかし、出会った人が超実力者でその人がら学びまくりました。

 

年下でしたが実績が圧倒的だったのでプライドを捨てて

必死に食らいつくました。

 

その結果今があります。

いやー勉強して超良かったです。

 

再就職先に困らなくなる

これは副業でビジネスを学ぶので

ほとんどどこの会社も雇ってくれます。

 

ビジネスのスキルにマーケティングってものがあります。

この能力があると年収300万円の人も600〜700万円になります。

 

それだけ企業はマーケティングスキルを持った人材を求めています。

 

そしてビジネスをするとこのマーケティングスキルが身につきます。

故に経営者はマーケティングスキルを持っているので稼げます。

 

僕の場合、ネットビジネスで

このマーケティングスキルを身につけました。

 

その結果、月収200万円の自動収入を確立しました。

月収200万円は公務員時代の

月収20万円と比べると10倍です。

 

マーケティングスキルは

それだけ価値があるものなのです。

 

しかし難しくもなんともないです。

ただ知らない人が多いから価値があるものです。

 

普通に生活していればマーケティングは求められないので

気にしていないですが、需要は驚くほどあります。

 

僕はマーケティングスキルがある人をすぐに紹介して

採用してもらうこともできます。

 

それぐらい需要があるのでもしマーケティングができて

就職先を探している人は声を掛けてください。

すぐに担当者を紹介します。

 

就職もスキルひとつで一発クリアです。

とてもシンプルですよね。

 

こんな感じで知識やスキルを持っている人は

色んなところから声がかかります。

参考リンク

僕は消防士をしながら、

副業で月収200万円の

自動収入を作ることが出来ました。

 

自動収入って超絶怪しいですが、コツコツ積み上げただけです。

 

僕は頭も良くないですし、

センスがあったわけでもなく、

人脈があったわけでもありません。

 

ネット上に仕組みを作ったので可能になりました。

 

センスがなくても

副業でも関係なく勉強さえすれば、

収入は増やすことが出来ると実感しました。

 

そんな僕のビジネスを始めたきっかけは下記から読むことができます。

ケントが副業を始めたきっかけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックすると消防士が副業で月収200万円稼いだ歩みが見れます