マッチングアプリでビジネスをしている人が多いって本当?実業家が本当に出会えるマッチングアプリを紹介

こんにちは、ケントです。

 

今日は最近紹介してもらった社長が

不動産契約を取るためにマッチングアプリを

使っているということを聞いたので

衝撃的で記事にしようと思いました。

 

そして最近僕のマッチングアプリを

市場調査を兼ねてやっているのですが

ネットワーク勧誘が超多いみたいですね。

 

今日はマッチングアプリで最近起こっていることを

まとめていきます。

 

内容は

  • マッチングアプリで不動産販売
  • マッチングアプリでネットワーク勧誘
  • ネットワークビジネスのゴン詰光景
  • 良質なマッチングアプリを紹介
  • 実際のアフィリエイトを生で体験

こんな感じでいきます。

 

僕は今実業家として動いているので

良質なアプリは恋愛系とビジネス的な視点の

両方を盛り込んでいきます。

 

最後には実際のアフィリエイトの仕方を書いているので

アフィリエイト初心者の方も参考になると思います。

 

それではいきます。

そもそもマッチングアプリとは?

マッチングアプリは色々なところで

よく広告を目にするようになりました。

 

そもそもマッチングアプリとは

男女が知り合うきっかけを得れる場所です。

 

今多くの人がマッチングアプリを利用し出会っています。

 

今マッチングアプリの最大手のペアーズは

会員数が800万人です。

 

この会員数がどれだけの利用者が

いるかということを物語っています。

 

今やマッチングアプリは巨大市場です。

 

しかし、本来の出会い目的以外に

利用している人も最近増えています。

 

それがビジネス目的です。

 

正直、僕がここにコメントするのはおかしいのですが、

本来の使われ方ではないことは事実ですし、

僕はビジネス目的での

マッチングアプリの使用は否定的です。

 

そんな僕が最近知ったビジネス利用している人の

事例をいくつか紹介します。

マッチングアプリで不動産販売

僕が最近知り合った不動産会社の社長は、

マッチングアプリを使って仲良くなり、

不動産を販売したり、

 

知り合った人に合コンを組んでもらって

その中で不動産購入できそうな人にアプローチして

販売しているとのことでした。

 

正直僕は引いてしまいました。

 

そして「僕結構成約率良いんですよ!」って言ってきました。

 

「あ、そうなんですか…」しかなかったです。

 

さらに、「そんな感じで上手くはいっているんですけど、

ネットでの集客を依頼したい」と言ってきました。

 

僕はなんか腑に落ちなくて

その人を好きになることもできず、

そのビジネスもしたいと

思わなかったので断りました。

 

変なところをイキッてきて「なんだこいつ」となりました。

 

話していて交渉へただなっているのも分かりましたし、

依頼してきているのに上からなのも腹が立ちました。

 

この人の場合、応援もしたくならないし、

謙虚さも足りない、

ビジネスで比重を置くところも間違っています。

 

プライドだけ高くなってしまった典型的なパターンです。

 

集客できないとこうなるのか!と勉強にもなりました。

いくら成約取れてもダメじゃんって感じです。

マッチングアプリでネットワークビジネスの勧誘

僕はたまに知り合いの社長の付き合いでMLMに入会させられるのですが、そこでの集客もマッチングアプリを使っている人が多かったです。

(※MLMは僕は全く推奨しません。信頼を失うので僕が活動することもありません。)

 

もう知り合いには当たれなくなり、

会員数を増やすために必死にアポを取ろうと

マッチングアプリで集客していました。

 

これって本来のマッチングアプリの

使い方じゃないので、

マッチングした人がネットワークのことを

言い出されるとびっくりしてしまいますよね。

 

でも現実的に多くて、プロフィールに

「ビジネス目的の出会いはお断り」と書いている人が

多くなりました。

 

なんか残念です。

この前ファミレスで遭遇したMLMのゴン詰光景

この前、難波のファミレスに行った時に

MLMの幹部会をしているところに遭遇しました。

 

なぜMLMとわかったかというと、

僕が付き合いで入ったMLMの名前を言っていたのと

やたらとバイナリーと言っていたからです。笑

 

そして今のみんなはたるんでいる!

新規でアポを取れ!

努力していない人はこちらが頑張っても稼がせてあげれない!

と言いまくっていました。

 

そして若い女の子がゴン詰めされて、

泣きじゃくっていました。

 

なんと可哀想に。

そしてなんと意味がないのか…

 

まず、MLMは実力がつきにくいです。

そして目先の利益の為に信頼を失います。

 

ビジネスは信頼関係で成り立っています。

MLMの勧誘は信頼を失うのでビジネス的な

存続が難しくなります。

 

その光景を見て僕は、ビジネスを教えれば良いのに。

と思いました。しかし、彼らにはビジネスを教えれません。

そもそもスキルがないです。

 

集客しろと言うなら集客の方法を教えれば早いです。

できない人ができないことを注文するので成り立っていきません。

 

僕は集客のプロから集客を学びました。

その結果、1ヶ月で1500人集客したりもしました。

 

やり方を知っていればこんな感じでできます。

それを自分のビジネスでやれば上手くいきます。

 

敢えてMLMやる必要ってないんです。

 

MLMを売るなら、違う他社商品を販売すれば良いです。

それがアフィリエイトです。

 

さらに資金ができれば

自分で商品開発しても良いです。

 

そうすればメーカーとしての立ち位置になって

商品の製造販売ができます。

 

やり方は沢山あって目先の利益に踊らされていてはいけません。

 

ネットビジネスとネットワークビジネスの違いを話しているので貼っておきます。

良質なマッチングアプリとは?

僕が個人的に使いやすいと思う

マッチングアプリはwithです。

 

wihtはメンタリストのDaiGoさんが監修されていると言うこともあって、出会いやすい仕組みになっています。

無料診断をして相性の良い人にいいねをしたり、

マッチングした後も会話が続きやすいようにサポートしてくれます。

 

この機能があるのでマッチングアプリ初心者でも

使い方やマッチンングアプリでの戦い方がわかります。

 

かなり良質なアプリです。

 

この記事はアフィリエイトリンクは貼っていませんが

ここにアフィリエイトリンクを貼れば

実際のアフィリエイト記事になります。

 

アフィリエイト初心者の方は

リアルなアフィリエイトのやり方を

感じていただけたのではないでしょうか。

 

アフィリエイトはリスクが無いので

どんどんやっていきましょう。

参考リンク

僕は消防士をしながら、

副業で月収200万円の

自動収入を作ることが出来ました。

 

自動収入って超絶怪しいですが、コツコツ積み上げただけです。

 

僕は頭も良くないですし、

センスがあったわけでもなく、

人脈があったわけでもありません。

 

ネット上に仕組みを作ったので可能になりました。

 

センスがなくても

副業でも関係なく勉強さえすれば、

収入は増やすことが出来ると実感しました。

 

そんな僕のビジネスを始めたきっかけは下記から読むことができます。

ケントが副業を始めたきっかけ

ーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックすると消防士が副業で月収200万円稼いだ歩みが見れます

以上が、マッチングアプリでビジネスをしている人が多いって本当?実業家が本当に出会えるマッチングアプリを紹介でした。