公務員になるために必要なこととは?公務員試験の合格のコツをお教えします。

こんにちは、ケントです。

 

今日は公務員を目指されている方向けに

公務員になるために必要なことを話していきます。

  • 公務員の種類
  • 公務員試験の難易度
  • 公務員試験の合格のコツ
  • 公務員試験に必要な知識
  • 公務員に求められるもの

この辺をメインに話していきます。

 

公務員も様々ある

公務員といって様々な職種があります。

 

まずは

  • 国家公務員
  • 地方公務員

に大きく分類されます。

 

これは国の仕事か、

地方自治体の仕事かの違いです。

 

公務員試験の難易度や給料も変化します。

国家公務員

国家公務員でも色々な職種があります。

  • 総合職
  • 一般職
  • 専門職

とあります。

 

総合職

キャリア官僚になるようなところです。

 

大卒以上が試験を受ける権利があり、

幹部候補生に当たります。

 

そのため試験もかなり難しくなっています。

一般職

一般職は各省庁の事務関係の仕事になります。

 

試験の難易度も総合職の次に難しいです。

専門職

例を挙げると

  • 国税専門官
  • 皇宮護衛官

などです。

 

国家公務員まとめ

国家公務員は国の仕事をしますので、

普通に生活していると馴染みのない職種が多いです。

 

あまりピンと来ないかもしれませんが

試験科目も多く試験の内容も難しいです。

 

合格を目指すのなら

しっかりとした準備が必要です。

地方公務員

地方公務員は地域の仕事なので

国家公務員よりは馴染みがあると思います。

 

主にはな種類ですが下記です。

  • 行政職
  • 専門職
  • 技術職
  • 公安職

などに分類されます。

行政職

行政職は事務を行います。

市役所などで勤務する人を指します。

 

専門職

看護師、薬剤師、獣医師、保健師、栄養士、司書などは

資格が必要になるので資格免許職と言ったり専門職と言ったりします。

 

技術職

土木、建築、電気、機械、化学、農業、農学などの技術が必要とする仕事を技術職と言います。

 

僕の友達は土木で働いています。

 

土木は公務員でも結構しんどいらしく

大変そうにしています。

 

公安職

これは警察官や消防士を言います。

 

試験的には一番難易度が低いので

スポーツをやっていた体育会系の人が多いです。

公務員になる難易度

ここまでは種類について一気に見ていきましたが、

ここからは難易度について見ていきます。

 

国家公務員

基本的に国家公務員は難易度は最上級です。

 

試験の出題範囲も広く

試験の出題範囲も多いです。

 

僕の姉は僕と違って成績もよかったので

国税専門官になろうとして勉強に励んでいました。

 

しかし、試験の難易度が高く挫折していました。

 

僕の消防士の問題と比べると当たり前ですが

難しすぎて僕には全くわからなかったです。

 

地方公務員

地方公務員は基本的には

市役所や警察官、消防士がメインとなります。

 

試験の難易度的には市役所が一番難しく

消防、警察と続きますがそこまで違いは感じません。

 

公務員試験対策を行っておけば、

全ての試験はパスできるようになります。

公務員採用試験の合格のコツ

ここでは合格のコツを話します。

 

コツといても絶対取るところを落とさない。

これに尽きます。

 

地方公務員試験の合格ボーダーが約6割と言われています。

 

言い換えれば4割落としても大丈夫です。

 

しっかりと6割取るようにしていけば合格は近くなります。

数的処理は落とせない

公務員試験には数的処理というものがあります。

 

数的処理とは、

  • 数的推理
  • 判断推理
  • 資料解釈

この3科目からなります。

 

公務員試験ではここを避けては通れませんので

ここをまずできるようにしなければいけません。

 

数的処理の攻略法

数的処理は継続して慣れることしかありません。

 

毎日数題を解き続けて問題に慣れていきます。

 

というのも数的処理は暗記ものではなく

少し頭を使う必要があります。

 

テスト会場で問題のヒントから導き出すため

その訓練をする必要があります。

 

ですので、暗記科目は試験前に

詰め込むことができるのですが、

数的処理に関しては

じっくりやっていく必要があります。

 

出題範囲の多い部分を重点的に

超当たり前なのですが、これに尽きます。

公務員試験は政治や経済の出題も多いです。

ですので、暗記するときは政治経済を重点的にしました。

 

また東京消防庁は自然科学の出題が多いです。

 

自然科学とは、生物、化学、数学と言った科目です。

 

この科目は文系の人は難しいと思うのですが、

消防の自然科学のレベルは簡単です。

 

僕も文系で全然勉強していなかったので

始めた頃は全くわかりませんでしたが、

自然科学のいいところは丸暗記でなんとかなります。

 

ですので僕は試験前に一気に詰め込んで

試験に望んでいました。

 

その結果、筆記では東京消防庁に

合格することができました。

 

公務員試験勉強のコツ

公務員試験は上記でも述べた通り

時間をかけてレベルアップしていく内容と

短期的に暗記で突破できる内容とあります。

 

合格できるかは、

この勉強する時間の

バランスによって決まります。

 

要は無駄なことをせずに効率的に

問題の解答能力を上げていくということです。

 

まずは受験する試験の出題範囲を把握することです。

 

僕の先輩は東京消防庁を受ける前に

地学を必死に勉強していました。

 

しかし、東京消防庁に地学の出題はありません。

 

これは自治体などによっても試験範囲は異なるので

しっかりと受験するところの出題範囲と出題傾向は

見ておく必要があります。

 

現にその先輩は同志社大学出身で

僕の何倍も賢かったのですが、

結果は、僕が合格して先輩は落ちました。

 

公務員試験は全体的にレベルが低くても

公務員試験に特化していれば合格できます。

 

※地方公務員場合です。国家公務員の試験勉強はしたことがないのでわかりません。

意外に重要な論文

公務員試験には論文がありあます。

 

論文はどこの自治体も配点が大きい傾向にあります。

 

その理由ですが、公務員は報告書が多いです。

 

お役所なので文書で残す傾向が強いためです。

 

消防の場合でしたら、出動すると

毎回出題報告書を作成します。

 

出動した現場の状況や活動内容、

関係者の情報などを記載しなければいけません。

 

これが意外に面倒で、

その事務処理のスキルを見られています。

 

それに伴って、論文の配点は大きいです。

筆記試験よりも大きいところが多いので

しっかりと対策しましょう。

 

論文対策とは

論文の対策といっても特にはありません。

 

勝負が決まるところは、

  • 出題内容を知っているか?
  • 書き方があっているか?

この2点です。

 

論文の出題内容は時事問題が多いです。

例えば、「パワハラ」に関することなど

その年の有名なニュースが出題される傾向が高いです。

 

もちろん、全然違う問題の可能性もあるのですが、

全然違う問題が出れば全員苦戦するので

とりあえずライバルから差をつけられないように

ニュースはチェックしときましょう。

 

といっても公務員採用試験の内容に時事問題もあるので

時事対策もします。

 

ですので、ある程度は網羅できているので

特別な対応は必要ではないです。

 

論文の書き方

論文には決まった方があります。

 

僕はPREP(プレップ)法で書いていました。

 

まずいきなり結論を書きます。

そして理由と具体例を挙げて

結論で締める方法です。

 

これが一番書きやすいです。

 

自分の型を作って

あとはそこに当てはめるだけに

しておきましょう。

 

これは論文以外にも全てに言えることです。

 

ビジネスをするときも販売の型を持っていると

いつでも商品を販売できます。

 

このようにまずは自分なりの

勝てる型を身につけましょう。

 

体力試験に関して

もうここは必要は種目を

練習するしかありません。

 

警察官の試験ではそこまで重要視されて

いなかったように感じましたが、

消防の試験は重要視しているところもあります。

 

出題種目を地道にやってレベルアップしましょう。

 

公務員に求められるもの(面接対策)

公務員の体質として

  • 指示をしっかりと遂行できる人
  • はみ出さない人
  • 協調性のある人

このような人物像が求められています。

 

公務員は狭い閉鎖的な空間で仕事をします。

 

そこで上司の指示をきかなく、

自分勝手な人間がいると空気が壊れます。

 

これはどこの職場でも同じですが、

公務員はどこよりもそこを重要視します。

 

職場内での人間関係のトラブルは

公務員の場合、最悪です。

 

僕が働いていた消防では、

24時間同じ空間にいますので、

精神的な疲労も大きいです。

 

という観点から上記の3点は

とても重要視されます。

 

どの公務員の面接に行っても

上記を3点を測るような筆問を投げかけられます。

 

ですので、しっかりと答えれる

準備をしておきましょう。

 

また警察官の試験では

圧迫面接があるところもたまに聞きますので

高圧的に来られても当然ですが、

しっかりと丁寧な受け答えをしていきましょう。

 

公務員になって感じたこと

基本的には平和で暇な時が多いです。

 

かなり率直な感想ですが。笑

 

そして思った以上に事務処理が多いです。

 

文章力がないと辛いです。

 

僕は全くなかったので、

結構しんどかったです。

 

前回の報告書などを見ながら真似をして

自分の型を作りました。

 

消防だったのでザ体育会系で勉強してきませんでした!

という後輩も多かったのですが、

全員報告書でつまずいていました。

 

これは慣れなので何にも問題ないですが、

文章力があれば入ってから楽です。

 

あとはどこの職場も同じですが

馴染むことです。

 

思った以上に距離感が近いので

飾らず打ち解けていく方がいいと思います。

 

気取っている人はパワハラみたいなものに

あっていたのでその点は注意です。

関連記事

元消防士が教える公務員専門学校では教えてくれない公務員試験の突破方法!警察・消防・市役所について

 

元消防士が教える、消防士がチャラくてモテるって本当?消防士の実態とは

 

僕は消防士をしながら、

副業で月収200万円の

自動収入を作ることが出来ました。

 

自動収入って超絶怪しいですが、

コツコツ積み上げただけです。

 

僕は頭も良くないですし、

センスがあったわけでもなく、

人脈があったわけでもありません。

 

ネット上に仕組みを作ったので可能になりました。

 

センスがなくても副業でも関係なく勉強さえすれば、収入は増やすことが出来ると実感しました。

ケントが副業を始めたきっかけ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックすると消防士が副業で月収200万円稼いだ歩みが見れます

以上が、公務員になるために必要なこととは?公務員試験の合格のコツをお教えしますでした。