起業は仕方とは?起業したい人が成功する方法とその費用について

こんにちは、ケントです。

 

今日は起業について話していきます。

 

僕は起業して2年目なのですが、

起業するとメリットが多いです。

 

まず、収入が増えます。

 

僕の場合、月収1500万円を稼いだので

税金対策のために起業しましたが、

その後も順調に収益を増やすことができています。

 

僕の場合、副業で行なっていたので

どうしても本業に時間を取られていたので

ビジネスを本業にしてからは

かけれる時間も増えて、

集中することができました。

 

そして自分で事業をしているので自信持ってできてきました。

 

自分で会社をしていると一国の主人なので

その意識は強くなりました。

 

そして自分ですることで時間的な自由も増えました。

 

このように僕は起業家になってトータル的に恩恵を受けれています。

 

 

世間ではよく「起業」というだけで難しいと思う方も多いです。

 

僕も自分が起業するまでは難しいと思っていました。

 

ですが、起業してみれば意外に簡単というか

勝手に難しいと思っていた部分が多かったので

本日はその部分について重点的に話していきます。

 

そして、起業に必要な費用と成功するための方法と

についても合わせてみていきます。

起業は簡単と聞けけれど本当なのか?

僕は起業は勝手に難しいと思っていました。

才能がある人やセンスのある人が起業をするものだと

思っていたのですが、

実際に僕も起業をしてみて思ったことは、

超簡単ということでした。

 

正直な話で誰にでも可能です。

 

下記では、僕の体験と必要なものをまとめていきます。

簡単に起業する方法とは?

ここでは僕が起業した時に行なった

超簡単な方法を紹介していきます。

 

僕は起業に対する知識が全くありませんでした。

 

ですので、知っている人から聞いた方が早いと思い

近くの税理士に相談に行きました。

 

これはいつもの僕のパターンです。

自分で調べて理解しても進む速度が遅すぎるので

それなら専門家に聞こうという考えです。

 

ちなみに起業することに税理士の力は

それほど求められませんが、

今後事業をしていく中で税理士選びは

とても重要になってきます。

>>良い税理士の選び方(簡単に見極める方法を書いています)

※後日記載します。

 

やはり僕が思った通りで税理士に相談に行くと

1ヶ月以内で会社が出来上がりました。

 

正直超驚きました。

 

こんなもんで会社ってできるんだ!

というのが正直な感想です。

 

これで法人というものができてしまいます。

 

それはでは、「株式会社ってどうやって持つんだろう?」

とか思っていましたが、自分が会社を設立すると

大したことありません。

 

書類とお金だけで出来上がってしまいます。

 

これで起業家というものになります。

 

よく、起業家ブランディングをしている人がいますが、

全然大したことありません。

 

費用面などは下記で解説していきます。

起業で成功する方法とは?

漠然と起業するとリスクだけが増えるのでよくありません。

ですので、きちんと明確なビジョンを持つ必要があります。

 

ちなみに僕の場合は、

インターネットでの情報・商品・サービスの販売です。

 

なぜこの分野なのかというとリスクが極端に少ないからです。

 

全て原価がほぼありません。

 

もちろん勉強量は必要ですが、

物販のような仕入れ資金は必要ではありません。

 

だからリスクが少なく、

初期費用も少ないので誰でも始めることが可能です。

 

僕はその市場を狙って参入しました。

起業の目的

まず、起業したいと思うということは

何らかの商品やサービスを持っているので

それを世に広めていきたいと思っていると思います。

 

これから考えていこうという方は

まずは起業する前に

自分のメインの商品やサービスを決めて、

どれだけの売り上げと利益が見込めるかを

考えていきましょう。

 

販売したい商品やサービスがある場合は

ネット上で販売できるのもは

ネットでまず販売してみましょう。

 

ネットの場合、リスクが無いので

十分すぎるほどテストができます。

 

テストの結果、ある程度収益が見込めるようになれば

起業していいです。

 

実際に僕もネットで自分の商品やサービスを販売して

収益が出たので起業しました。

 

その結果、どんどん収入が増えていく仕組みを

作ることができるようになりました。

 

まずはテスト販売です。

起業すべきでない事業

起業すべきでない事業ももちろんあります。

 

ここでいう起業すべきでないは、

ビジネス初心者がすべきでない事業のことです。

 

ビジネス初心者が起業すべきでない事業は

ネット販売できないオフラインのビジネスです。

 

例えば、飲食店やエステサロン

といったものです。

 

なぜかというと初期費用がかかりすぎて

リスクが高いからです。

 

飲食店の場合、高ければ1000万円程度の資金が必要です。

 

不動産(家賃)、内装費、従業員の給料、

広告費、仕入れ代

とかなりかかってきます。

 

いきなり初めてのビジネスで借金して

店舗オープンするということはとてつもないリスクです。

 

この事業が上手くいかなかった瞬間に大借金が残ります。

 

そのような方法よりも、

ネットでリスクなしで販売して

ある程度見込みを立てた方が

安全にビジネスができます。

 

無駄なリスクは背負う必要はないです。

 

僕が新規で参入するビジネスは

全部ネットで先行販売しているので、

最悪トントンで終われるようになっています。

 

ビジネスを勉強すれば、

市場の需要を把握するので

利益が上がらないということはないのですが、

 

大金を投資してコケて痛手を負いたくないので

排除できるリスクは取り除いていきます。

起業でかかる費用はいくら?

一番気になるのはこの費用面だと思います。

 

起業は3種類あり

どの選択をするかで必要な資金が変わってきます。

  • 個人事業主
  • 合同会社
  • 株式会社

この3パターンです。

個人事業主

個人事業主の場合、税務署に開業届を出すだけなので

費用はかかりません

 

これは起業に対して費用がかからないだけで

事業をする場合は別途事業費が必要です。

 

しかし、一番費用を抑えて起業することができます。

合同会社

合同会社は法人になりますので、

法務局で登記し、定款や登録事項証明書を

提出する必要があります。

 

費用としては10万円程度と見ておけば大丈夫です。

 

あとは資本金が必要です。

合同会社の場合、資本金は1円からいけるのですが

もしも融資を受ける際は資本金の金額が

関係してきますので無理のない範囲で設定しましょう。

 

 

合同会社は格安で法人化できるので良いです。

株式会社との違いも、

  • 株式を発行しているか
  • 信用力

この程度の違いなのであまり気にする必要はないです。

株式会社

株式会社の必要なものは合同会社と同じです。

 

株式会社はざっくり30万円あれば

設立するできます。

 

厳密には23万円程度ですが、

書類を代行してくれた人への報酬や印鑑代も

必要なのでざっくり30万円としています。

 

あとは、資本金です。

資本金も合同会社と同じです。

 

株式会社の場合は100万円以上で

設定することをお勧めします。

 

僕も100万円で始めました。

増やしたい場合はあとから増資もできますので、

とりあえず入れる金額を決めましょう。

共通経費

ここでは上記の全てのパターンで必要な経費をあげていきます。

 

まずは事務所を借りる場合、家賃がかかります。

これはマンションの1室でも構いませんし、

しっかりとした事務所でも、

バーチャルオフィスでも構いません。

 

僕はバーチャルオフィスで始めて、

それから事務所を借りました。

 

それでも困ることはありませんでした。

マンションやバーチャルオフィスは

月5万円程度です。

 

あとはデスク・パソコン・ネット環境

そのぐらいなのでそんなに費用は要りません。

 

個人事業主で自宅を事務所にすれば全く費用はかからないので、

収入に応じて変更していけばいいと思います。

 

大事なことは固定費の部分は無理をせずに

持続可能な形で考えることです。

 

収入が安定してない状態で毎月の支出はしんどいので

その辺を考慮して起業すれば間違いはないと思います。

起業するにあたっての心得

僕が一番重要視していることは収益化です。

起業するということは社長になるということなので、

作業などな従業員やアルバイトにしてもらって

自分は収益化するためにマーケティングに

時間を割いています。

 

きれい事抜きにして当然事業は

収益が出なければ成り立ちません。

 

その収益を上げるために日々の勉強に励んでいます。

 

僕はネットビジネスを通して勉強すれば収入は一気に上げると知りました。

1つ情報や知識を知っているだけで

平気で1桁収入が変わることなんて

当たり前に起きています。

 

僕自身ネットでのマーケティングを学んで

1ヶ月で1500万円の収益を発生させました。

 

こんなこと勉強しなかったらできませんでした。

しかし、勉強したとで

できるようになりました。

 

このような形で複数のビジネスを作っていっています。

 

というのも全て自動化しているので

僕の手が空きます。

 

だから他の仕組みを作っていっています。

 

僕はこの方法を根本から勉強しました。

そして、いつでも使える状態にすることができました。

 

知識1つ情報1つで稼げる金額が変わりました。

 

今は新しい知識や情報を取りに行っています。

 

知識と情報は持っていても損することはないので

お金を払ってでも僕は取りに行っています。

パソコン音痴の消防士がネットビジネスで稼げるようになった方法とは?

起業して成功するタイプと失敗するタイプ

ここでは起業家となって成功しやすい人と失敗しやすい人の特徴を上げていきます。

 

起業して成功しやすい人

まず起業して成功しやすい人は、

会社員時代に退職する理由として、

俺は、私は、こんな会社で収まっているような人間じゃない!

とお思っている人は成功しやすいです。

 

理由がポジティブですし、

自分の可能性を信じています。

 

僕も消防士を退職するときは

この会社にいたら向上心がなくなってしまう。

 

俺はもっとクリエイティブなことがしたい!と思って辞めました。

 

初めからでなくてもいいので、

起業して自分でやりたいと思う時には

絶対、何が何でもやってやる!という気持ちは必要だと思います。

起業して失敗しやすい人

失敗しやすい人は今の職場にいるなら

自分でやって方が良いと思う

ネガティブ思考から起業する人です。

 

会社が嫌で辛いと思っている人も多く存在します。

 

ですが、起業するならそういうネガティブなものではなく

これで勝負したいと思うもので仕掛けた方が良いです。

 

これは当たり前なのですが、

最近僕の周りでこういう起業家を多く見かけるので

これから始める人の参考になればと思って書かせていただきました。

 

やはりネガティブな起業家は

失敗して事業を畳んでいる人が多いです。

 

ですので、起業したいと思っている時は、

前向きにガンガン攻めていきましょう!

参考リンク

僕は消防士をしながら、

副業で月収200万円の

自動収入を作ることが出来ました。

 

自動収入って超絶怪しいですが、コツコツ積み上げただけです。

 

僕は頭も良くないですし、

センスがあったわけでもなく、

人脈があったわけでもありません。

 

ネット上に仕組みを作ったので可能になりました。

 

センスがなくても

副業でも関係なく勉強さえすれば、

収入は増やすことが出来ると実感しました。

 

そんな僕のビジネスを始めたきっかけは下記から読むことができます。

ケントが副業を始めたきっかけ

ーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックすると消防士が副業で月収200万円稼いだ歩みが見れます