時給790円の消防士がひと月に450万円稼いだ話。

こんにちは、ケントです。

 

「時給790円の消防士が12月450万円稼いだ話をしよう。」本日のタイトルはこれです。

 

現在の僕は勉強してきた知識を活かして、

オンライン、オフラインのマーケティングを

メインとして利益を上げています。

 

あとやっていることを簡単に挙げると、

ウェブサイトなどのメディアの運営や、

サプリメントの製造販売や、

輸入した商品の販売、

法人や個人に経営のコンサルティングなど行っています。

 

ネットビジネスの経験のおかげで

様々なジャンルに挑戦することができています。

今は色んなジャンルの人と

絡むこともできているので超楽しいです。

 

平成最後の12月もウェブ関連だけで

450万円以上の利益が出ました。

 

やったことはページを2つ作って動画を2本撮っただけです。

ネットの仕組みを理解するとこんなことが当たり前になってきます。

 

よく仲の良いビジネス仲間からは驚愕されます。

僕は大阪で活動をしているのですが、

周りの実業家はオフラインのビジネスマンが多くて

オンラインでの僕の収益スタイルは異常みたいです。

 

来年はサプリメントの収益だけで1億円を狙っています。

これは冗談抜きでです。

やることは明確のであとはサボらずにやるだけです。

 

このような状態になれたのも知識をつけまくったからです。

世の中知っている人が勝つとわかったので勉強しまくりました。

その結果、肉体労働から知的労働に変化しました。

ここについてはこの記事で詳しく話していきます。

 

今はこんな感じで楽しくビジネスをしていますが、

1年前の僕は今のこのような状態は想像もできていませんでした。

 

ネットビジネスは本当に早くて

1年、いや1ヶ月で大きく変わります。

1ヶ月集中して取り組めば

別人レベルに変化することができます。

僕はこの魅力にやられました。

 

この記事では、僕のこれまでのバイトや就職、ビジネスの経験を元に

今月450万円稼ぐまでの道のりを

書いていこうと思います。

 

それではいきます。

現在の僕の仕事は今までは考えられなかったことのオンパレード

今の僕の仕事は正直数年前の僕は想像もできていませんでした。

 

現在の僕の仕事は、知識をつけてコンテンツとして配信し、

収益化することがメインです。

 

他社の商品を紹介したり(アフィリエイト)

自分の商品を販売したり、

コミュニティを作ったり、

知識やノウハウを人に教えたり、

しています。

 

その経験を活かして今では

サプリメントの製造開発を行ったりもしています。

 

僕のメインとするところは

自分の商品やサービスを世の中に広めることです。

 

サプリメントを作ってどうやって

皆様の手にしていただくかということを考えています。

これが思い通りになったら超面白いです。

 

その中で外注さんに仕事を依頼したりして

ビジネスを円滑に進めています。

 

過去の自分が見たら超びっくりすると思います。

何をやればいいかもわからない過去の自分

23歳まではビジネスなんて全くわからなくて、

どのようにお金を稼いでいいのか悩んでいました。

 

収入を増やしたいと思っていたのですが、

まず何があるのか?

 

他の人はどんな稼ぎ方をしているのか?

すらも知りませんでした。

そんなところからのスタートでした。

メール2通で月収450万円

平成最後の今月の収益はネットだけで450万円発生しました。

この結果はまずまずの結果です。

 

貿易関係の仕事もしており、

年末商戦で良かったこともあり

会社全体の収益はもっとあります。

 

しかし、僕はネットビジネスを

伸ばしていきたいと思っています。

 

その理由は、コスパが最強に良いからです。

 

初期費用やランニングコストがかからないにも関わらず

大きな収益が大することが1番の魅力です。

 

僕が今回みたいなメール2通で450万円稼げたのも

ネットでの仕組みを構築しているからです。

 

自分は何もしなくても全自動で回っていきます。

ですので、大きな収益を出していても

人件費はほとんどかかっていません。

 

かかっているのは外注費ぐらいです。

しかも僕は月に3万円程度しか払っていません。

 

従業員を雇用する必要もないですし、

気楽に収益を上げることができます。

 

僕は今仕組みを増やしたり大きくしたりしているので

2019年はネットだけで月収1500万円にはなると思っています。

 

やり方次第ではもっと大きくなります。

これまでの僕の仕事とネットビジネスの出会い

ビジネスと全く無縁だった僕のこれまでの働き方を書いていきます。

びっくりするぐらい知識も経験もありませんでした。

結婚式場の駐車場バイト編

まず大学進学して結婚式場のアルバイトを

先輩の紹介でやりました。

 

このバイトが超楽で何もしないでも

時給が発生するという謎の仕事でした。

 

楽すぎて何もしないので

スキルも何も全くつきませんでした。

 

しかし、ここで後の対面営業の神と出会います。

 

ですが、働いているときはそんなこと全くわからずに

超面白い先輩という感じでしか思っていませんでした。

しゃぶしゃぶ屋編

過去最低の仕事です。

 

しゃぶしゃぶ屋のメンバーもあまり気が合いませんでしたし、

店長とも全然馬が合わなかったので本当に働きにくい職場でした。

 

23時30分まで仕事をしていても

店長が勝手に22時でタイムカードを切っていました。

 

もう自給のために働いていた僕は超ムカつきました。

 

しかも、1度や2度ではなくしょっちゅうされていたので

頭にきて辞めてしまいました。

 

バイトの中で一番時間を無駄にしたときでした。

家庭教師編(身内)

僕は大学に入って間もない頃

身内の中学生を教えていました。

 

中学生なので三流大学の僕でも楽勝で教えることができ、

それで自給1500円をもらっていたので最高のバイトでした。

 

これも採用までに面接も何もなく

親戚というだけで雇ってもらっていました。

面接落ちまくり期

3回生から少しバイトを変えたいなと思い、

フグ屋やコメダ珈琲の面接に行きました。

 

どちらもオープニングスタッフで

面白そうと思ったことがきっかけです。

 

それに加えて飲食店でのバイトは

自分の新しいコミュニティが広がると思い

ワクワクしていました。

 

少し大学生感を味わいたいという気持ちが

強かったです。

 

しかし、面接は無情にも全部落ちました。

原因は、明確で面接なんて受けたことなかったので

なんて言っていいかわからずに落ちました。

 

その時の面接内容は今思い返すとひどくて、

「短所は何ですか?」という質問に対して

少しかんがえて、「ありません。」と答えていました。

 

いやー知らないってやばいですね。笑

 

こういう知らないってことはビジネスでも同じで、

結構こういう当たり前なところで間違っている人が多いです。

 

それも知識があるかないか、ただそれだけです。

知らないって恐ろしいですね。

消防士編

消防士になって、

初めの半年は消防学校という

監獄に入っているのですが、

消防学校を卒業すると結構自由度が高いです。

 

24時間勤務した後は2日休みなので、

遊んだり、旅行に行ったり、

勉強をしたりと色々なことができます。

 

とりあえず24時間勤務を乗り越えれば最高でした。

 

消防士は休みが多いですが給料が少ないので

意外と副業をしている人が多いです。

 

もう副業か遊んでいるかの二択です。

消防士の実態はこちらに詳しく書いています。

>>元消防士が教える、消防士がチャラくてモテるって本当?消防士の実態とは

 

消防士は24時間我慢すれば

時間的にはとても充実しているので

後はその時間をどれだけ有意義に使えるかです。

 

僕は副業をしまくっていました。

趣味に時間を使ったり家族に使ったり

色々な使い方ができます。

稼げる仕事と稼げない仕事

ビジネスを始めて稼げる仕事と

稼げない仕事がわかるようになりました。

 

新規で参入する際はまずどちらかを見極める必要があります。

稼げる仕事と稼げない仕事

この稼げる仕事と稼げない仕事の見極めは本当に重要です。

 

自分がオーナーとしてやるか、

従業員としてするか、

ここでまずは決まります。

 

もちろん従業員なら決まった金額しか稼ぐことができません。

 

しかし、オーナーとしてビジネスを始めるのであれば、

稼いだ分だけが利益になります。

 

次に稼ぎやすいビジネスの特徴ですが、

  • 需要があるが供給が少ない

これに尽きます。

 

例えば、エンジニアです。

エンジニアは需要はとても高いです。

しかし、エンジニアの数が少ないので

結構大きな金額が稼げます。

 

この場合はスキルが必要なのでできる人数が少ないので

単価が高いパターンです。

 

次は、死体処理です。

これは誰にでもできますが、

したい人が少ないので単価が高いです。

 

後は、マーケティングとかのもそうです。

世の中では起業している人は少ないです。

 

その理由は難しいと多くの人が思っているからです。

しかし、起業はマーケティングさえできれば可能です。

 

これも知っている人が少ないので単価が大きくなっています。

 

このように需要があるけれど供給量が足りていない部分は稼ぎやすいです。

 

ですので、誰にでもできる仕事は単価が下がっていきます。

ましてやこれからAIというものが進出してくるので

益々格差が大きくなっていきます。

 

一例ですが、経理の仕事は今は需要があります。

しかし、この仕事は人間よりもAIの方が確実に上です。

 

よって今後、経理の仕事はAIに取って代わられます。

 

ですが、僕みたいなネットビジネスは、

会う人に「あ!うちの商品も一緒に販売してほしい!」

と依頼がきます。

 

ネットができるだけでとても重宝してもらえるので、

自ずと単価も上がってきます。

 

このようにどんどんできることで価値が変化してきます。

俺なんて何もできないと思っていた

今でこそ僕はマーケティングとか経営とかやっていますが、

以前の僕は全くできませんでした。

 

というのも、上記にも書いているように

僕はビジネス的なことを何にもしてきませんでした。

 

ですので、ビジネスの基礎すら何も知らず

お金は稼ぎたいのですが、

自分のしたいことすらわかっていませんでした。

 

ましてや自分が社長なんて考えることもできませんでした。

 

僕の社長のイメージはザ・カリスマというイメージでした。

 

僕はこれまでに何かで1番になったり、カリスマには憧れても

カリスマになったことはなかったので

勝手に自分で会社なんて絶対無理と思っていました。

 

僕が会社を建てた経緯ですが、

起業したかったからではなく、

会社設立しないと税金が大きくなりそうだったので建てました。

 

要するに企業が目的だったのではなく、

起業しないと税金が大きくなって大変なので

手段として起業をしました。

起業が手段ということは動画で話しています。

僕の見解は収益が上がったので

起業するっているのが正しいと思っています。

 

そのためにネットビジネスは収益が上がってからでき、

さらに初期費用も2000円とかなのでとてもいいです。

 

何もできないと思っていた僕も勉強しまくって

実践したことで、ある程度の実績を上げることができました。

 

その結果、自分では想像もしていなかった起業を

僕もすることになりました。

スポーツとビジネスの違い

野球を例に出してみると、

高校野球の甲子園出場は凄いです。

 

日本最高峰の高校生です。

 

そんな彼らですがプロになって飯を食える人はごく一部です。

同年代で圧倒的に野球が上手くてもプロにすらなれない人がほとんどです。

 

これはスポーツ界では当たり前です。

 

ですが、ビジネスではそんなにすごくない人でも

月収100万円以上稼いでいる人はいます。

 

雇われている人はトップ営業マンぐらいですが、

個人事業主や会社経営者には多いです。

 

これがビジネスの良いところです。

超一流ではなくても収益化までの流れを作れていれば

稼ぐことができます。

 

僕はこれを知って、

一番出なくても良いのなら俺でもできそう!

と思って始めました。

 

実際、僕もネットビジネスの業界でも1番ではないですが

月に1500万円利益を出したりもしています。

 

全然一番じゃなくても良いんです。

やっているうちに上位を狙えるなら

狙って行くスタンスで十分です。

消防士の時と今の自分

消防士の時給790円というのは

僕の給料を勤務時間で算出したものです。

 

貰っていた給料の平均が19万円程度で、
勤務時間が1日24時間勤務の月10日出勤なので、

単純に19万÷240時間=790円という計算です。

 

今では消防士を退職し、12月の利益が450万円でした。

 

金銭面は20倍に上がっていますが

さらに精神的にはもっと充実しています。

 

嫌な上司に気を使わなく良いですし、

人間関係に悩むこともなくなりました。

 

僕は消防士時代は結構上手く人付き合いしていたのですが、

それでも合わない人と24時間は本当にきついです。

 

1年勤務を一緒にした先輩には

12ヶ月のうち8ヶ月無視されるなんてこともありました。

 

気持ちを強く持っていたので大丈夫でしたが、

流石に8ヶ月の無視は精神的にキツかったです。

 

毎日「この人は何で口をきかないのかな?俺何かしたにかな?と考えていました。」

そんな時間マジで無意味です。

 

ですが、今では「今日は仕事しねえ!」

とかもいけますし、

ちょっと肩凝ったので

休憩がてらオイルマッサージとかもいけます。

 

こんな感じで自由度が半端じゃなくなりました。

リラックスした中で仕事を進めて

色んな人と会うってことが今ではとても楽しいです。

 

副業でビジネスを始められる方も多いと思いますが、

一番良いのは仕事をしながら副収入を得ることです。

 

僕もそのスタンスでした。

その中で色々な人と出会い、

完全にシフトしたいと思うようになりました。

 

収益も出せるようになったので

完全シフトして法人化したという経緯です。

 

副収入で5万円でもあれば全然生活は変わってくるので

まずはそこを目指してみると面白いです。