元消防士が消防の大暴露!年収、浮気、いじめ、パワハラ、トレーニングについて暴露します。

 

こんにちは、ケントです。

 

今日は公務員、しかも僕が勤務していた消防の内情について話していきたいと思います。基本的にはタイトルにもある通り、年収、浮気、いじめ、パワハラ、トレーニングについて扱っていきます。

 

少し採用試験の内容も触るのでこれから受験しようと思っている人には参考にしていただけると思います。

 

消防の内情を赤裸々に話していきますので女性の方は心して見て下さい。笑

いじめやパワハラについて

まずはこれから消防士を目指す人に向けて、いじめやパワハラの実情について話していきます。

 

ここは、これから消防士を目指している方は気になると思います。

 

僕は入る前、えげつないいじめが待っていると思っていました。笑

 

しかし、予想外に実際に入ってみるといじめはなかったです。

 

基本的には、今世間がいじめ問題やパワハラに厳しくなってきたので消防の中でも少なくなってきました。普通の職業に比べれば叱責を受ける場面は多いと思いますが、そんなに重く受け止める必要はないです。

 

叱責が厳しい場面

火災現場では自分や隊員の命がかかっているので、それだけ真剣な訓練が必要なので仕方ない部分はあります。

 

現場で、一人危険な目に合うと、その隊員を救出に向かうので他の隊員の命も危なくなります。しかも、隊員一人少ない状態での救出活動になりのでリスクも大きくなります。また、救急現場では、傷病者の生命に重大に関わる場面ですので、対応できるように訓練は真剣になります。

 

その場面での訓練は緊張感を持ってやっているので、熱のこもった指導になることは仕方ないことです。これは真剣なだけでパワハラではないです。

 

それ以外の部分では意地悪な先輩や上司がちょっかいをかけてくるぐらいです。ですので、僕が想像していた以上に消防のいじめやパワハラは少なく感じました。

 

僕が体育会系出身なので、体育会系ではない人と感じ方が少し違う可能性もありますがそこまで厳しくはないと思います。

 

また、僕の勤務していた場所は比較的いじめが少なかったですが、僕が当初予想していた後輩を徹底手的にいじめるといったことは無かったです。

 

今消防は、いじめやパワハラの被害があり防止策の取り組なども実施されています。いじめやパワハラが無いことはありませんが、これから入る人がそこまで敏感になる必要もないと思います。

 

後一番厄介なのがの残っていました。消防は昔ながらの悪しき伝統があり、仕事のできない上司が、若手の消防士をいびり倒してきます。「お前、こんなことも知らんのか!」「俺の飯は味付け変えろって言ったやろ!」とか言ってきます。笑

 

これ本当です!仕事できない上司に限って

仕事ではないところをこれでもかってぐらい言ってきます。

 

「あれはどうなってる?」

「これはどうや!」

「スポーツ新聞どこいった?」

「チャーハンにウェイパーは入れるな!」

「味噌汁は沸騰させるな!」

「俺の茶は別のヤカンで沸かせ!」

「来週はスイートポテト作るぞ!」

 

と、もう訳わかりません!

 

俺はお手伝いさんじゃねえ!!!!

って言いたくなります!

 

でも、消防では毎日当然の出来事です!出来ない人の面倒は基本的に新人の仕事です。笑

 

「俺はこいつのお手伝いに就職したんじゃねぇ」とか

「俺は中華鍋を振りに消防になったんじゃねぇ」とか

思うこともしばしばあります。僕はしょっちゅう思っていました。笑

消防士に一番求められるもの

これは超重要です!

 

一番消防士に必要なものは体力でも筋力でも強い精神力でもありません。

 

これは面食らう人も多いと思いますが、

消防士で一番大事なものが協調性です。

 

言い換えればコミュニケーション能力です。

 

24時間上司と一緒にいます。

 

3食同じで、訓練も風呂も寝る時も

ずっと一緒です。

 

この環境下で上手くやっていく方法は

自分のコミュニケーション能力を上げることです。

 

潰れていく若手の90%以上が上司にやられて

精神的にしんどくなっていきます。

 

まずはここを脱出するところが肝です。

 

故に消防士の採用面接でも協調性があるかを一番見ています。

これは採用試験で一番重要なところです。

 

色んな予備校で教えている内容ですが、ここを自分なりに

深掘りしていくと受かりやすくなります。

いじめやパワハラの被害にあって苦しい時

いじめやパワハラが実際に行われて苦しい時の対処方ですが、消防士の場合結構難しいです。

 

というのも消防はとても閉鎖的な空間です。

 

5人とか8人、多くても20人の職場です。

 

その中でターゲットにされるとなかなか逃げられないです。

 

その時に取る方法をいくつか紹介します。

 

管轄の上司に相談

 

これはベタですよね。

 

単純に隊長や司令と言われている役職の人に相談しましょう。

 

ですが、この階級の人がいじめやパワハラを行っているケースも多々あります。

 

その際は課長補佐や課長に相談して、それでも改善がされない時は人事課に相談しましょう。

 

次の展開を考える

 

職場内でのいじめやパワハラは本当にしんどいです。

 

特に消防の場合24時間なので逃げれません。

 

そして、その空間で短くても半年は同じです。

 

どうしてもしんどい場合はおかしくなる前に退職することをおすすめします。

 

仕事は消防以外にも様々あります。

 

消防だけが全てではないので今後の将来を探していきましょう。

 

僕の場合は、いじめやパワハラではなかったのですが、消防士をしながら副業で次の道を決めていました。

 

参考に公務員におすすめな副業を紹介している記事は下記から読むことができます。

トレーニングについて

消防士って筋トレが仕事って思われている方が多いのではないでしょうか?僕も初めはそう思っていました。

 

実際は、筋トレできる時間もあるって程度が正しいです。

 

これは所属や部署で全然違いうのですが、僕が勤務していた消防隊では雑務と業務が優先で、夜に自由時間が出来れば筋トレしていいといった感じでした。

 

なんやかんやで1日業務と雑用が多いです。その合間に訓練をして、現場があれば現場に行ってといった感じです。

 

夜みんなで体力錬成とかしたりもしますが、そこまで追い込んだりはしません。ですので、自分が頑張ればきっちり筋トレもできて良いですが、サボろうと思えばいくらでもサボれます。

 

たまに救助隊と一緒に体力錬成して死にそうになっていました。笑

2時間追い込んだ後に腕立て伏せ380回して腕がぶっ壊れるかと思ったり、

鬼のようにダッシュして足がボロボロになったりとそんなこともありましたが、

そこまで追い込むのは稀でした。

 

ただし例外があって、筋トレメインの所属があります。ここでは明言しませんが朝から筋トレ、訓練とかなりキツイみたいです。

 

それと、救助隊はしんどいです。いわゆるレスキュー隊ってやつです。現場で最前線で活躍する救助隊は日々の訓練と筋トレはレベルが違います。1日懸垂500回とかしています。しかも普通に訓練した後に筋トレなので相当しんどいはずです。

 

僕も救助選任試験を受けたのですが、マジで今までで1番しんどかったです。正直、消防学校でしんどいと思っていたことなんか比べ物になりませんでした。

 

アップで体力が全部無くなって、それからは1日必死で耐えました。腕は痺れるぐらい痛くなって、全身つってしまう同期も出ました。

 

一応全員消防学校の厳し訓練を半年間受けてきています。

 

そんな消防士でもアップで全員体力が尽きてしまいました。あの苦しみは本当に忘れれません。あれ以上に苦しいことは今まででないです。自分の限界からスタートてマジでやばいです。いつも余力を残しながらやっていたんだなって痛感しました。

 

救助試験や救助隊員になれば厳しい訓練と筋トレが待っていますが、消防隊で勤務するのであれば特定の所属を除いて自主的にやるといった感じです。要領よくやる気があれば勤務時間中にマッスルになれます!笑

浮気について

消防士の浮気事情や女性関係について話していきます。これは消防士と付き合っている女性や結婚している女性は気になるところですね!

 

よく、消防士はチャラいといわれます。これは半分あっていて半分間違っています。会社の社長が全員金持ちではないのと同じです。社長でも会社が傾いて赤字だらけの会社もあります。

 

消防士がチャラいのも同じで、チャラい人もいます。しかし、全く遊ばずインドアな人もいます。ですが一般的にチャラい人が多いです。

 

その理由は2つあります。

 

1つ目が、休みが多いことです。

 

消防士の隔日勤務者は月に20日休みがあります。月に10日しか仕事しません。月に20日も休みあれば遊び放題です!ココがチャラい人間が多くなる理由です。

 

2つ目が、体育会系の人間が集まっていることです。

 

類は友を呼ぶって言葉がある通り、同じような人間が集まります。今までクラブをやっていて繋がりが多い人が多いです。

 

そうなると、

コンパ、コンパ、コンパ!!!となるグループが出来ます。

 

そのグループは月に何回もコンパをしまくっています。こういうグループが暴れまくることで消防士はチャラいという風潮が世間に回ります。

 

消防士のコンパの相手は基本的に看護師と保育士が多いです。看護師は接点が多いのと、勤務形態が似ているので多くなります。

 

保育士に関しては、出会いが少ないので消防の友達にコンパを組んでもらうことが比較的多いです。

 

正直、消防士は周りに同じような人が集まりすぎているので、コンパをしようと思えばいくらでもできます。

 

次に既婚者の方が気になるところで、消防士に浮気についてです。消防士の浮気は他の職業に比べると圧倒的に多いと思います。

 

浮気をしていない人ばかりの職場何て聞いたことがありません。職場内の誰か一人は絶対に浮気をしています。これは確実ではないですが、僕が今まで勤務してきて浮気していない職場はありませんでした。絶対誰かは、奥さん以外の人とそういう関係になっています。

 

これは女性はショックかもしれませんが、消防士の事実です。中にはしていない人もいますが統計上、浮気率は極めて高いです。理由は勤務サイクルや環境が大きな原因と思います。休みが多すぎて、奥さんの目から離れる機会が多いことと、性欲が強い人が多いです。

消防士の年収に関して

最後に消防士の年収に関して話します。消防士の年収は勤務地によって大きく違います。僕が勤務していたところは大阪でも給料がかなり安いところでした。5年目にして手取り20万円をやっと超えれるぐらいのレベルです。

 

最後救急隊になったので時間外勤務手当が増えたので20万円は超えていましたが、救急隊でなければ20万円切っていたかもしれません。消防士の給料は本当に少ないです。僕が予想していたよりもはるかに少なく驚いているのが正直な感想です。

 

僕は給料は年齢分ぐらい貰えると思って入りました。しかし、目にしたものは40歳の主任で給料30万円でした。僕は給料明細を見せてもらって愕然としました。

 

嘘だろこれ…といった感想しかありませんでした。予想をはるかに下回る結果に驚きを隠せないのと同時に今後どうしよう?と思いました。これが僕が副業を始めるきっかけの出来事でした。

 

消防士の給料って世間で思われている給料よりもはるかに低いです。その世間とのギャップもしんどいです。休みは多いにも関わらず給料が少ないので本当にしんどいです。ただただ貧しくなっていきます。

 

退職金はここ10年で1000万円下がっています。東京消防庁とかは、給料も退職金ももう少し良いですが、これからの時代風当たりのキツイことは間違いないです。

 

現状に満足していては生涯貰える賃金はドンドン減少しています。自分の資産は自分で守って増やす時代です。

 

僕の上司も退職時期を間違えて大損していました。

賢い人は退職金が減る前に早期退職して、

自分で事業をしたり再就職している人が多いです。

 

「分からないから、知らないからでは自分が損するぞ!」

と資産形成に詳しい上司に教わりました。

本当にそうだと納得しました。

 

公務員はビジネスは出来ませんが、資産形成は出来ます。公務員でも資産を築いているお金持ちが存在します。方法はあります。

 

仕事を辞めなくても収入を増やすことができると言うことです。僕の知り合いの市役所の職員や公立高校の先生は副業をしています。それでもバレずに何年も継続できています。

 

また、一例ですが公務員は、不動産を持っている人が多いです。株や金融商品で資産運用している人もいます。これは公務員でも可能です。

 

ビジネスもしようと思ったら可能です。僕はビジネスは自分名義ではなく家族の名義でやっていました。やり方次第で何でも可能です。

 

現状で十分な給料をもらっている人は考えなくていいですが、

僕は自分の将来をに対して不安に思ってので、少しずつ資産形成していきました。

 

そして時間はあったので、第二、第三の収入を確立させました。

ネットで自動で100万円は入ってくる仕組みや色んな属性でたくさんの人を集めました。

 

クリック1つで100万円なんて不可能で詐欺ですが、

ネットにしっかりと仕組みを作れば100万円の収益は可能です。

 

一度作ってしまえば後は放置でも収益は発生します。これがあれば老後も安泰です。

 

自分の収入の柱を増やすことは本当に自分を助けてくれると実感しました。例え仕事を辞めたとしても、全くダメージがなく、収入の柱が増えることで精神的に安定しました。

 

消防の先輩に言われてイライラしていたことも全く何も感じなくなりました。

常に冷静な状態で物事を判断できるようになります。収入があればどんどん色んなことを経験できます。経験すると本当に強くなります。

>>経験すると強くなることはこちらで話しています。

>>安定!安定?って何?本当の安定に気づいたことを話そう!経験に勝てるものなんてない!

 

経験を積めば人として大きくなります。僕は色んなことを経験して、知らないことを知りまくって、自分の幅を広げました。そしてこれからも継続していきます。(僕が副業を始めたきっかけはこちらから読めます。)

僕が副業でビジネスを始めた理由は、単純なことだった.…

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は消防士をしながら

副業で月収200万円の自動収入を作ることが出来ました。

自動収入って超絶怪しいですが、

コツコツ積み上げただけです。

 

僕は頭も良くないですし、

センスがあったわけでもなく、

人脈があったわけでもありません。

 

ネット上に仕組みを作ったので可能になりました。

 

センスがなくても副業でも関係なく勉強さえすれば

収入は増やすことが出来ると実感しました。

ケントが副業を始めたきっかけ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックすると消防士が副業で月収200万円稼いだ歩みが見れます

以上が、元消防士が消防の大暴露!年収、浮気、いじめ、パワハラ、トレーニングについて暴露でした。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です