5年間勤務した消防署に退職届を出しに行った結果とんでもないことに…

こんにちは、ケントです。

 

今日はタイトルにもあるように5年間勤務した消防署の本部に退職届を提出しに行きました。

 

 

退職届の提出の瞬間は突然訪れた

 

僕は消防士を退職のことは以前に上司に話していましたが、

書類関係の話は後日する。

と言われていました。

 

 

そして2日前の勤務中に

課長補佐から退職の書類に関しての説明がされました。

 

 

「退職届のテンプレートはメールで送信しました。

本日、必要事項を記入して持ってきて下さい。」

 

 

はえーーー!!!

今日言って、今日持って来いって…

 

 

ってことで必要事項を記入して印鑑を押して

すぐに持っていきました。

 

 

 

これで退職届の提出完了です。

なんと呆気ないことだ…

これで5年間の消防士生活も終わりです。

 

 

 

提出前に課長補佐からこれを提出したら

本当に終わりやぞ!って言われました。

 

 

退職のヒアリングで怒られる…

 

消防士を辞める旨を上司に言いに行っ際、

ヒアリングが行われました。

 

 

ヒアリングでは、

「なんで辞めるんや?」

「絶対消防の方が良いぞ!」

「そんな不安定な仕事、今は良いように見えるかもしれへんけど、

長い目で見たら絶対辞めへん方が良かった!って思うぞ!」

 

ヒアリング中ずっとこんなことばっかり言ってきました。

 

 

「お前が辞めるって言ったら色んな人に迷惑がかかるんや!」

「お前はどれだけの人間に迷惑をかけるか分かってない!」

 

 

本当にずっとこれです。

 

 

僕を応援しようとはは一切なく

消防が一番良いところや!

ってずっと行ってきます。

 

 

 

そんな説得ありかよ?

って僕は思っていました。

 

 

 

確かに消防にはお世話になって

感謝しています。

 

 

 

しかし、退職前にこんな感じなのは後味が悪いです。

 

 

年次休暇の消化が出来ない??

 

更に年次休暇が40日残っていたので、

Max2カ月は休めますが

それは悪いと思い、

 

 

でも、少しだけ取らせてもらおうと

2日だけ申請したところ

 

 

「その休暇は本当に必要なのか?」

「お前が休暇を取れば迷惑がかかること分かっているな?」

とプレッシャーをかけてきます。

 

 

「なんだよそれ…」

って思ってしまいました。

 

 

 

公務員が退職前に休み取れないのかよ??

定年退職の人は年休消化しているにも関わらず

若手がしようとしたらプレッシャーかけてくるんかよ…

 

 

なんだか本当に寂しくなりました。

 

 

 

でも僕はまさかそういわれると思っていませんでしたが、

とっさに必要な休暇なので宜しくお願いします。

と引き下がりませんでした。

 

 

 

何かあったら後は全部年休をかまして

職場に行かないつもりだったので

強気で行きました。

 

 

 

結果は申請が通ったので、

強行にでる必要は無かったですが、

 

 

 

今まで年休はあっても使えない状態だったので

最後ぐらい使わしてくれよ!

ってのが本音です。

 

 

 

退職届もその日に提出して…

なにか思っていた公務員像と違って…

退職の時はこんなに怒られながら気まずいなんて…

 

 

退職者説明会

 

そして、本日退職説明会に行ってきました。

 

そしたら消防の空手部の人が担当で、

入って来るや否や、

「びっくりや!!!!」

「ええ加減にせえよ!!」

っていきなりです。

 

 

なんでか知りませんがいきなり怒鳴られました。

退職ってそんなに悪いことなのかな?って思います。

 

 

 

僕は自分の価値観やモチベーション、将来像を総合的に考え、

消防士を退職するという道を選択しました。

 

 

 

欧米ではキャリアアップの為に転職は当たり前です。

 

 

そんな中でこの組織の凝り固まった考えは本当に納得できませんでした。

消防には5年間お世話になって本当に感謝しています。

 

 

命の重みや仲間との団結力、協調性、絆、チームでの連携、

自分の限界への挑戦

 

 

など人命救助を通して大事なものを数多く学びました。

 

 

辛い日々と仲間の支え

 

消防学校中や勤務に就いて1年目は

体力、精神共に苦しい時期もありました。

 

 

消防学校で毎日死にそうなぐらい訓練をして

月曜の朝はこのまま死なないかな?

って思っていたこともありました。

 

 

工場火災で死にかけた時も

僕の消防学校の同期が

危険物を冷却してくれており

僕は助かりました。

 

 

 

僕には仲間がいました。

仲間のおかげで仕事を続けることができました。

 

 

 

そんな仲間は

今でも僕のかけがえのない仲間です。

 

 

 

本当に学ぶことの多かった5年間でした。

 

 

そんな僕でしたが、

将来が不安になり、消防士としてもモチベーションに悩む時期がり、

 

 

そんな時にビジネスに出会いました。

 

 

ビジネスでは良い経験も、悪い経験もしてきましたが

ようやく本質が分かり安定することが出来ました。

 

 

1本の筋を通した結果…

 

そして退職を決意して、

筋を通すために1カ月以上前に

上司に報告して筋を通したにも関わらず

この始末です。

 

 

 

消防を退職して自分でビジネスをして成功した実績が今まで無いらしく

どうせお前も無理だ!!って思われています。

 

 

というか上司の会話が僕に聞こえちゃっています。

 

 

 

余裕をもって言ってもこんだけ怒られる始末です。

超後味悪いですが、僕の心に火を付けました。

 

 

 

僕は本気で取り組んで余力は残さないって決めたので、

絶対消防の上司を見返してやります!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は消防士をしながら

副業で月収200万円の自動収入を作ることが出来ました。

自動収入って超絶怪しいですが、

コツコツ積み上げただけです。

 

僕は頭も良くないですし、

センスがあったわけでもなく、

人脈があったわけでもありません。

 

ネット上に仕組みを作ったので可能になりました。

 

センスがなくても副業でも関係なく勉強さえすれば

収入は増やすことが出来ると実感しました。

ケントが副業を始めたきっかけ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックすると消防士が副業で月収200万円稼いだ歩みが見れます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です