効率の良い時間の管理方法、時間だけが唯一平等なもの。時間を制するものは人生を制する

こんにちは、ケントです。

 

今日は時間を制するものは人生を制するという内容を話していきたいと思います。

稼いでいる人や上手くいっている人は時間の使い方が上手いです。サボっているように見えてもう終わっているんですよね。逆に忙しい忙しいと言ってる人ほど大して何にもしていなかったりします。今日はそこを深く掘っていきたいと思います。

時間が増えるメリット

時間が増えるメリットはいうまでもないですが、好きにできます。ゴロゴロしてもいいですし、漫画読んでもゲームしてもドラマ見ても、家族旅行に行ってもいいです。何してもいいんですよね。

 

また1分1秒を争うようなことをしなくていいので時間に余裕を持って待ち合わせなどにいけます。せかせかしなくていいんですよね。自分の時間さえきちんと管理してその時間内に仕事を終わらせる。それだけです。

 

例外でブラック企業の場合そうもいかないこともありますが、僕の知り合いはブラック企業でも早く帰っていました。

時間を管理して仕事効率を高めればうまく回していくことが可能になり結果的に自分の時間が増えます。

 

時間は唯一平等なもの

これは超当たり前で超重要なことです。

人間個人差があって優位になったり周りよりも劣っていたり様々あります。しかし、時間だけが唯一全員平等です。この誰との差がないところを重点的に頑張ることで人よりも差がつけることができる。いわゆる「時間持ち」という存在です。

お金持ちが全員時間もちではない

お金を持っている人は時間も持っているち勘違いされやすいのですが、お金を稼いでいても時間がない社長は山ほどいます。多くの社長が自分の仕事に追われています。

 

会社は黒字で自分の給料もあるけれど時間はない。自分が止まってしまったら終わり。みたいな人は多いです。

 

逆にサラリーマンで給料もそこそこあって時間は十分にある人もいます。これは完全に「時間もち」状態です。

 

理想はお金も時間もあることです。お金を稼いでも時間がなければ意味がありません。というのが僕の持論です。

 

時間を増やすためには?

自分の時間を増やすためには効率の良い時間の使い方をしなければいけません。そうすることによって自分の時間は増えていきます。

 

効率の良い時間の使い方とは

効率の良い時間の使い方は以下の2つです。

時間は分割する

まず一定の期間で区切ります。僕の場合だいたい集中が30分程度なのでキッチンタイマーで測っています。そして30分経てば休憩です。大事なのは疲れる前に休憩です。疲れてしまえば回復に時間がかかりすぎて、最悪の場合もう始めないということになったりします。ですので疲れる前に休憩です。

 

あと30分単位ならある程度は進むので計画を立てやすいです。

 

始める最初に、30分単位で何をするか計画を立てていきます。必要事項はサクサクサクっと終わらせていきます。理想的なのはどんどんやっていくことです。そうすることでモチベーションも上がって一気に終わらせれます。

 

ですが休憩のインターバルもしっかりととります。

 

この方法を導入してから無駄な時間がなくなりました。自分のやるべきことを明確化していますし、自分の作業スピードも30分単位で把握することもできます。仕事効率はどんどん上がっていきます。何よりもサボらなくなりました。

メリハリをつける

これは上記とほとんど同じなのですが、休憩は思いっきり休憩します。切り替えを重要視しています。ダラダラ引きずらずに頭を一回リセットします。そうすることで先ほどの30分が効率が悪くても取り替えせたりします。良くも悪くも30分で切り替ええれるのでメリットは大きいです。

上手くいっている人はみんな時間を管理している

最近めちゃくちゃ時間もちの社長とよく会うのですが、皆さん時間を管理しています。だから暇なんですよね。旅行行ったりゴルフしたり自由です。

 

ですが、仕事もきちんとしています。

 

仕事の日を決めて、その日に全部終わらせています。で、他の日は自由気ままな生活を送っています。お金もあるし時間もある。この状態はマジで神状態ですね。

 

この状態は最初は難しいですが可能です。まずは自分の時間を増やすために1日の時間を分割して自分の時間を増やしていきましょう!