アフィリエイトの教材や情報商材は意味があるのか?

こんにちは、ケントです。

 

今日はアフィリエイトを勉強するにあたって教材や情報商材の購入はどうか?と言うことを情報商材やコンサルを受けまくってきた僕が中立な立場で見ていきます。

 

この記事を見ることで、これからネットビジネスやアフィリエイトをしようと思っている人や今現在ネットビジネスやアフィリエイトを行なっていて思うように成果を出せていない人は行動が明確になると思います。

 

アフィリエイトの将来性

まずモチベーションの観点からアフィリエイトをできるようになると良いことが多いです。と言うのもアフィリエイト市場は大きく今後も拡大していきます。

市場は拡大している

アフィリエイト市場は2017年は前年よりも113.5%の2,275億8,700万円になり、2020年には3,500億円まで成長すると言われています。それだけインターネットの広告産業は成長しています。

 

このことから成長産業であり、今やっておくと今後の波にも乗りやすいです。今現在、アフィリエイトは稼げないと言っている人は多いですが、適切な方法と適切な努力をすれば稼ぐことは可能です。今も成長しており、これからも成長著しい産業ですので、今のうちにしっかりと実力をつけてメディアを育てることで今後大きな利益を手にすることも可能になってきます。

 

アフィリエイトに教材や情報商材は必要か?

次に教材に関してですが、あれば早いと言う感じです。以下で詳しく解説していきます。

教材や情報商材は必要

学生の時に勉強するとなれば教科書や参考書、問題集などで勉強したと思います。その感覚と同じです。そしてもっと詳しく勉強したいと思えば塾に行ったと思います。全く同じ感覚で大丈夫です。

 

もちろんネットにも無料で情報はあります。それらを必死に拾い集めるか、まとめた参考書のような教材で勉強するかの違いです。

 

そして自分で独学での勉強が難しいときに塾に行った感覚と同じで、ビジネスにも塾や個人的に教わることのできるコンサルがあります。

これは単純にわからないなら悩むよりも分かっている人に教えてもらおう!と言う感覚です。できている人に習うのが一番早いです。

 

ここで遠回りする人が多いのですが、信頼できる人に教えてもらってパパッとやっていく方が効率的です。ですので、僕はできている人から習いまくりました。

 

アフィリエイト1年やって収益が発生しない人もざらにいます。一人でそんなしんどい思いするぐらいなら教材か教えてもらう方が楽と思います。

買う前の心得

この心得ば超重要です。と言うのも買ってもやらない人が多いからです。僕自身も買った教材でやっていないことは多いです。これがいわゆるノウハウコレクターと言うやつです。

ノウハウばかり溜め込んで一つも使えない人のことです。ただ単に知っている。超勿体無い状態です。しっかりと自分のものにしていきましょう。そのために購入前に決意や目標を掲げましょう

 

教材の価格

教材は1万円〜5万円程度です。これを高いと思うか、安いと思うかは個人差がありますが、僕は5万円です今後稼いでいけるなら安いと思います。

 

公務員試験の参考書や問題集を揃えた時も5万円ぐらいはしたと思います。そう考えれば継続してやるのであれば安い買い物と思います。

 

そのためにきちんと自分ができるか、購入前に自分の意思を確認する必要があります。また途中で投げ出さない為にきちんと目標設定もしましょう。

 

アフィリエイトの勉強の仕方

アフィリエイトの勉強の仕方は下記の4つです。

独学

まずはお金がかからない方法です。まずは独学で試してみるのもありです。ポイントとしては稼いでいるサイトやブログを真似しましょう。

 

文章を真似するのは決していけませんが、文章の書き方を勉強して自分に落とし込むことはできます。またサイト設計も勉強できるので、上手くできている人をしっかりと観察して自分に取り入れていきましょう。

 

これでできれば最強です。ですがGoogleがSEO(検索)で評価するのに3ヶ月から半年かかると言われています。これまで挫折せずにしっかりと書きつずける必要があります。

 

自分で方向性を決めてしっかりと歩んでいける人におすすめです。

 

情報商材

これは教材ですので、その分野のノウハウを習熟することができます。初心者の右も左もわからない状態でしたら、教材があれば心強いです。

 

情報商材の中でも、物販系に特化しているものや、メルマガ系に特化しているもの、トレンドアフィリエイトに特化しているものなど様々な種類があります。

最終的には全て身についていくのですが最初をどこから始めるかと言うところです。

 

最初の道しるべとなるものですのでランキングの上位のものなら十分です。

塾は1人の講師やサポートメンバーから構成されており学校みたいなスクール形式になっています。オンライン学習できるようにサイト上にコンテンツを設置しており、自分のペースで勉強していくものから、実際にセミナーに参加して対面で勉強していくものもあります。

 

副業の方はオンライン学習できる方がオススメです。また自分のペースでできるので一気に学習できるところもメリットです。

 

勉強しながらサイトやブログを構築し収益化を図っていきます。また、懇親会などで塾生同士の交流があるところも魅力の一つです。

 

ライバルですが自分と同じ悩みなどを共有したり、講師には聞きにくいことも塾生同士なら言い合えるので、新しいコミュニティができて良いです。

コンサルティングサービス

コンサルティングサービスは1対1のマンツーマンで指導してもらいます。対面やオンラインで指導してもらい、オススメとしては学習コンテンツがオンライン上で公開されているものが良いです。

 

個別のコンサルはどうしても相手との兼ね合いがあるので、自分がしたい時にできない可能性もあります。ですので、オンライン上にコンテンツがあればいつでも勉強できて、日程を調整して疑問点や不明点も質問できます。

 

ポイントとしてはモチベーションが下がらないような学習スタイルをとっていかが重要です。

一番継続が難しいのでモチベーションを下げないようにして、下がってきたら講師に上げてもらえる環境が一番の理想です。

アフィリエイトで稼ぐ方法

お手本となる人を決める

自分の手本となる人を決めることは最も重要です。僕ももちろん参考にしている人はいますし、最初の段階では自分のスタイルがないので上手くやっている人を参考にするしかありません。

 

ですので、良い人を見つければ真似をしまくって下さい。上記でも言いましたが丸パクリはダメです。書き方や視点を真似して下さい。真似をしまくっているとその人みたいな文章が書けるようになります。

 

文章は鍛えることが可能です。これは筋トレ同じで、筋トレも続けていけば筋肉が大きくなり重い重量を上げれるようになります。最初は60キロのベンチブレスでも半年すれば80キロが上がったりします。

 

これは文章でも同じです。文章も書けば書くほど上手くなっていきます。段々と書き方がわかってきます。また、勉強して人はどう言う風に言われたら嬉しいか、行動するのか、と言うことも学び、使えるように訓練することで上達していきます。

 

僕自身も文章は上手くはないですが、これでも上手くなった方です。最初は書くことすら全く思いつかない状態でした。そもそも国語が嫌いだったので文章すらほとんど読まずに生きてきました。ですので読むことも苦手んんです。そんな僕が書くなんて…超大変です。笑

 

できないなんていつまで言っていても仕方ないので、書きまくりました。知識を入れては書く。知識を入れては書く。これを繰り返しまくりました。その結果、文章の型もわかり、少しずつ書けるようになってきました。僕も少しずつ毎日成長しています。

 

情報を収集する

今度は、記事を書くネタが必要になります。大体アフィリエイトの場合、1記事2000字以上と言われています。その量を書けるようなネタを探さなければなりません。

 

大変そうに聞こえますが、慣れればなんて事ありません。街中を歩いていればそれがネタになってきます。視点さえ身につければ全く問題ないです。

情報収集するポイントなんかもありますのであまり気にせずやっていきましょう。

 

情報収集の簡単な方法を紹介します。

一番簡単で手っ取り早いのは「本を読む」ことです。本はインプットにとても最適です。本の作者は1冊の本を執筆するのに膨大な知識と時間を投資しています。その情報を1,000円程度で吸収できることはコスパが最強です。そして自分がブログを書くネタにもなります。

 

本を読む以外で記事の作成に繋がる情報収集方法がもう一つあります。

関連キーワード取得ツールでキーワードを拾って、

そこから記事に起こしていく方法です。

これのお陰で書く内容に困らなくなります。

 

例えばアフィリエイトの場合、アフィリエイトを関連キーワード取得ツールに入れると、「アフィリエイト 稼ぎ方」などのキーワードが出てきます。

 

そうすれば「アフィリエイト 稼ぎ方」で文章を構成していくことができますので視点が一つ増えます。

これは一例ですがこのように書くや内容はたくさん出てきます。とても万能なツールです。

>>関連キーワード取得ツールはこちらです。

継続する

これはシンプルで当たり前ですが一番忘れがちです。と言うよりもわかっていても継続できない人が多いです。

 

アフィリエイトは結果が出るまで時間がかかります。そのせいで結果が出るまでに挫折する人が極めて多いです。ですが自分をコントロールすることで継続は可能になってきます。しっかりと決めた目標に向かって、作業を怠らない姿勢は大事です。

 

継続が苦手な人のために、必殺技として外注化があります。必殺技とか大袈裟に言いましたが、必殺でもなんでもなく、外注化すれば自分が記事を書かなくても成り立ちます。

 

自分は外注さんの教育と管理するだけです。

ポイントとしては
最初自分でやって、スキルも付いて慣れてきたら外注化してサボっても収益が入るようにしていくとスムーズです。

自分ができない状態で雇用することはあまり意味がないのでまずは自分のレベルを上げていきましょう。(外注化にメリットに関してはこちらの記事で詳しく書いています)

 

アフィリエイトができるようになることのメリット

アフィリエイトできるようになれば多くのメリットがあります。

収入の自動化

「自動化」これは僕自身も一番惹かれた言葉です。アフィリエイトができるようになることでこの自動化ができるようになります。

 

「ネット上で人の商品を販売できる力」これは本当に強いです。収益の上がる仕組みをネット上に作り後は仕組みが稼働してくれるが故に自動化できます。

 

ワンクリックで100万円とは訳が違います。1クリックで100万円砲塔に稼げる人がいれば教えて欲しいぐらいです。

 

「市場規模も大きく将来性があり、自動化もできる」最高のビジネスと僕は思っています。

情報感度が上がる

アフィリエイターは基本的に最新の情報を収集しています。自分が発信する側なので、情報を入れて出す。この繰り返しをします。インプットとアウトプットをです。これだけでも人間の思考力は鍛えられます。

 

さらに返報性の原理という言葉があるように、出した人の元に返ってきます。アフィリエイターは情報を出しているので、情報が返ってきます。これが情報がを持つものには情報が集まるという仕組みです。

 

このように常に情報に触れていることで情報感度は上がっていきます。

一つの情報で以前の情報と組み合せたり、自分の知識と組み合わせたりすることによって新しいサービスを思いついたりするようになります。

 

また既存のものと既存のものを組み合すことで新しいものができます。

その例がライザップの様なパーソナルジムです。ただのジムではなく高額で厳しいジムです。

 

自分の商品を持つことができる

アフィリエイトは自分で商品を販売する力がつきます。現在多くのメーカーは自社商品が売れずに悩んでいます。しかし、アフィリエイトで販売力があれば自分で販売することができます。メーカーの悩みが一気に解消されます。ということは自分で生産することが可能になります。

 

僕は最初は在庫を持つことはオススメしていません。そればリスクが大きくなるからです。ですが、ある程度知識やスキル、実力がつけば商品開発するべきと思っています。

 

その理由は販売力があるのでリスクが少なくなっていることと、自社生産なので利益率が良いことです。同じ単価の商品を売って利益が違うなら利益の大きい商品を販売するべきです。これは当たり前の感覚です。

個人や法人にコンサルすることができる

アフィリエイトをする力は一言でいうとウェブマーケティング力です。この力はこれまでもそしてこれからも重要な力です。

 

大手企業でさえ上手くネットを使えていない企業は多いです。本当に驚くぐらいアナログです。中小企業なんてさらにアナログです。ウェブの力を使えば売り上げが2倍3倍なんてザラに起こります。

 

その方法を教えて報酬をいただくこともできる様になってきます。難しい様に聞こえますがアフィリできれば大丈夫です。

 

参考リンク

僕は消防士をしながら

副業で月収200万円の自動収入を作ることが出来ました。

自動収入って超絶怪しいですが、

コツコツ積み上げただけです。

 

僕は頭も良くないですし、

センスがあったわけでもなく、

人脈があったわけでもありません。

 

ネット上に仕組みを作ったので可能になりました。

 

センスがなくても副業でも関係なく勉強さえすれば

収入は増やすことが出来ると実感しました。

ケントが副業を始めたきっかけ

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記の画像をクリックすると消防士が副業で月収200万円稼いだ歩みが見れます

以上が、アフィリエイトの教材や情報商材は意味があるのか?でした。